若い頃、食前酒としてよく「キール」を飲んでいました。要は白ワインにカシスを加えたものですが、料理を待っているあいだ、友人とおしゃべりをしながら、2杯程度までなら食欲促進にもなっていた記憶があります。

最近のお気に入りは「ミモザ」です。昔は甘いお酒がダメだったのに、2年前に久しぶりに飲んで美味しいと感じました。きっかけは元夫とのデート。子供たちも成人して、若い頃のケンカも今となっては酒の肴にできるほど、お互い穏やかな気持ちで会えたのも「ミモザ」が美味しく感じられた理由のひとつかもしれません。デートの場所がアメリカのカリフォルニアだったので、オレンジジュースもかなり新鮮なものだった可能性もあります。今は時々、自分でスパークリングワインとオレンジジュースを買ってきて、お手製の「ミモザ」を飲んでいます。

この前の飲み会で同僚が乾杯のビールが飲みきれず、白ワインを注文してビールジョッキに入れて混ぜて飲んでました。彼女はよくその飲み方をするそうで、「おいしい」と言っていましたがどうでしょうか。私はあまり試してみたいとは思わないけど、興味がある方はぜひ飲んでみて感想など聞かせてもらえると嬉しいですね。

逆に一度試してみたいと思っているのは、「チューハイの梅干し入り」のような飲み方。スパークリングワインに梅干しを入れて飲んだり、梅酒で割ったりしたら、とってもジャパニーズな白ワインカクテルが楽しめそうですよね。
最近は平日は全然飲まなくなっちゃいましたから、今度の週末は少しグレードの高い梅干しか梅酒を調達して、その飲み方で楽しんでみようかと思っています。

白ワインを美味しく飲もう

ワインには白ワインと赤ワイン、ロゼワインがあります、私はこの3つで白ワインが好きでよく一人で飲んでいます。しかし、白ワインが苦手な方もいらっしゃると思うので白ワインを美味しく飲める方法を提案します。

美味しく飲む方法として、まず1つ目はキンキンに冷やすことです。白ワインは一般的に冷蔵か常温での保存になりますが、白ワインを飲む一時間ほど前に冷凍庫にいれてキンキンに冷やして下さい、ワインが冷えたことにより苦みやえぐみが少し押さえられ飲みやすくなります。

次に提案することは、ジュースで割ってカクテルにすることです、白ワインのカクテルとしてキールやオペレーターなどが有名ですが、私はオレンジジュース、コーラス、サイダーで割って飲んでいます。オレンジジュースで割ると苦みが押さえられまたブドウの後味がしっかりと感じられるようになります。コーラだとコーラが強くほのかにワインの味がするだけでワインが苦手な方にもオススメできる飲み方です。白ワインをジュースで割るといつもと違った風味を感じられ苦手な方も飲めます。

私自身初めは白ワインが苦手でほぼ飲めませんでした、しかしジュースで割ったりしているうちに飲めるようになりました。
みなさんもぜひお試しください