私はワインが特に好きなわけでもなく、嫌いなわけでもありません。しかしワインのボトルや、ワインを楽しむ方々の様子を見るのはとても好きです。
酒屋さんに行ってワインが並べてある様や、ワインに配慮した薄暗い空間も特別な気持ちになれるので、本当はビールだけ買えばよいのに、ちらっと寄ってしまいます。

ボトルを見ながら、プレゼントする人を思い浮かべるのも楽しみの一つです。

正直飲んでみて高いものがよいとか、安いものがおいしくない、などということはさっぱりわからないのです。以前、同僚たちと「この3本のワインの味を見て、価格順番に並べよ」というゲームをおこなったのですが、全く正解せず、安いワインが舌に合っている自分にがっかりしたという話もあります。

ただワインにあうというチーズやナッツ類などといったつまみの類は大好きで、「ワインをたくさん飲みたい方におすすめ!」といったイタリアンレストランにはよく行きます。ワインってなんてイタリアンと組み合わせがよいのでしょうか!イタリアンレストランに行くとおしゃれな気分も味わえ、ワイングラスを傾けるとさらに気分は最高です。

しかし一応好みはあり、赤よりも白ワインのほうが好きなのです。辛口の日本酒が好きな私には、白ワインのすっきりと渋みのない味が好みなのです。試したことはありませんが、もしかして和食は白ワインがあるかも・・・書きながら週末が楽しみになってきました。