ワイン初心者の方でも自宅で気軽にご飯を食べながら映画を見ながら美味しく召し上がっていただく方法を紹介します。まずワインを選ぶ基準は料理で決めます。その日に何を食べるかによって選ぶワインも変わってきます。ワインにも種類があり白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインと様々な物があります。

その中でも簡単に言うとその日食べる料理の色で決めると言うのが簡単な選び方だと思います。たとえば赤ワインであればビーフシチューや白ワインであればクリームシチューなど色とワインのバランスはとても重要なのです。ワインを美味しく飲む方法には飲み方にもあり、グラスに注がれたワインの色を見てそのワインの年代や作られた課程を想像しながらグラスを回しワインの香りを楽しみながら舌でワイン全体の風味を味わうのが主流です。

その飲み方をする事により普通にワインを飲む時とは違い目、鼻、口、全体でワインを楽しむ事ができ美味しく召し上がっていただけます。他にもワインは温度がかなり重要でワインの種類によっても冷やす温度に差があるのですがこの温度差をワインクーラーなどで適温にしていただく事で自宅でも美味しくワインを召し上がっていただく事ができます。ワインは奥が深くワインの歴史や文化、ワインの作られ方などを知った上で飲むとさらに美味しく飲んでいただく事ができると思います。

ワインに合う おつまみ

私は2年前くらいから、週末の1日だけ夕食時にワインを飲んでいます。一週間、頑張った自分へのご褒美として「お疲れ様」と「また来週も頑張ろうね」の気持ちを込めています。もともとお酒は飲めなかったのですが、ワインは健康にも美容にもよいということで飲み始めました。

私は「赤ワインの方が、白ワインよりも健康効果が高い」と思い込んでいました。実際は白ワインにも殺菌効果やデトックス効果、便秘解消などの効果もあることを知りましたので、今は両方を飲んでいます。

ワインに合う美味しいおつまみは、やはり王道のチーズです。カマンベールチーズ、プロセスチーズ、柿の種のチーズ味、チーズクラッカーなど、いろいろ食べます。以外にワインと合うのがビターチョコレートです。

ワインにも多少渋味があるので、ビターチョコレートとの相性がよいのかも知れません。あとは干しブドウも美味しいです。これはワインの原料もブドウだから、でしょうか。干しブドウの濃厚な甘さとよく合います。
料理でワインに合うのは焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなどの粉ものや脂っこいものがお気に入りです。何となくワインと一緒に脂っこいものを食べると、脂っこさが和らぐと感じています。

あとは、おでんも美味しいワインの おつまみになります。少し渋味があるくらいのワインの方が、おつまみの美味しさが引き立ち美味しく飲み、食べられます。