ワインを飲んだことがない方も体にいいと聞いたことがある方もいると思います。お酒なのにと思う方もいると思いますが、なぜ体にいいと言われているのかお伝えしていこうと思います。

ワインならどの種類を飲んでもいいのかと言われればそうではありません。中でも注目されているの赤ワインです。赤ワインにはアミノ酸やタンパク質の他ポリフェノールが含まれており、このポリフェノールが多く含まれている事が体の健康にいいと言われています。お酒なんですが、体にいい成分が含まれているのはかなり珍しく赤ワインの最大の特徴です。ポリフェノールというのは身体や肌の健康に守ってくれるそうです。

とはいっても本来はお酒なのでもちろん飲みすぎには注意が必要になりますが、適量飲むことで食欲を増進させたり消化を促進する効果があると言われています。また適量であれば血液循環を良くするとも言われているため血栓の原因になる血液凝固を抑えられるため予防にもなります。

女性に嬉しいミネラル分もとれるこで適量飲むのは一石二鳥だと言えます。適量を守りなが休肝日を作ってワインを飲むことが健康にいいと言われていますので、くれぐれも飲み過ぎには注意するようにしてください。

分からなければ背伸びせずにソムリエに頼むこと

私は彼女との記念日やイベントの時に毎回オシャレなレストランを予約しており、そこでスパークリングワインを飲んだ後にいつもワインを注文しています。私はワインのグラスやワインの色がオシャレで、それを飲んで過ごす優雅な時間が大好きです。特に赤ワインの甘口に近い味が好きです。

しかし、私自身まだ素人ですので、まだどのワインが良いか分からない為、いつもソムリエの方と相談しながら決めています。昨年のクリスマスに都内のレストランに行ったのですが、そこでソムリエの方がお薦めしてくださった赤ワインがあるので、ご紹介したいと思います。葡萄品種は95%がネッレロ・マスカレーゼであるエトナ・ロッソです。

ネッレロマスカレーゼはシチリアのエトナ火山で生育されている為、ミネラルが豊富で味わいとしてはラズベリーのフルーティーな感じで、値段は今は手頃ですが今後人気が出てきて高くなっていくから、私は今の内に飲んでみることをお薦めしますとソムリエの方に言われて注文しました。実際にラズベリーのフルーティーで濃厚な味わいだった印象があり、とても上品に感じました。ソムリエの方に帰り際、ワインの名前と特徴を教えて頂き、メモしました。

とても対応が良かったのと、その方が楽しそうに教えてくださっていて気分が良かったです。初心者であれば、背伸びして分からないワインを頼むよりはこちらの希望をソムリエの方に伝えたほうが、より美味しいワインに出会えると改めて感じました。